【python】pySimpleGUIでExcelとWordファイル内の文字列を置換ツール作成してみた。業務効率UP

Python

【python】pySimpleGUIでExcelとWordファイル内の文字列を置換ツール作成してみた。業務効率UP

pySimpleGUI

pythonでデスクトップアプリケーション開発する際に、GUIで操作できるアプリケーションを開発したいときに、おすすめのパッケージは、「pySimpleGUI」です。

公式サイト:pySimpleGUI

詳しく書いてあり、サンプルも豊富なのでわかりやすいです。

python-Excel

pythonでExcelファイルを操作する場合に必要な「openpyxl」パッケージをインストールします。

python-word

pythonでwordファイルを操作する場合に必要な「python-docx」パッケージをインストールします。

Excel&wordファイル準備

一括で文字置換したいファイルをフォルダに入れておくだけ。

例えば、下記の様に、pytestフォルダ配下やsubフォルダ配下すべてのファイル対象です。

pysimplegui_execute_before_folder1 pysimplegui_execute_before_folder2 pysimplegui_execute_before_folder3

python-code

必要なパッケージがインストールできたら、さっそくソースコードを載せます。

ポイント

  • サブフォルダに対応している
  • Excel(全シート)、Wordに対応
  • GUIでわかりやすい
  • exeファイルに変換すれば他のPCでも実行できる
  • 活用すれば業務効率UP

実行

pysimplegui_excel_word_gui

pyファイル実行すると、GUIが表示され、フォルダパスと、検索値と変換値を入力して実行ボタンを押下するだけ。

pysimplegui_excel_word_gui_example

完了したらポップアップメッセージ表示する。

pysimplegui_excel_word_gui_after_popup

 

置換前のExcelファイル

pysimplegui_excel_word_gui_before_excel

置換後のExcelファイル

pysimplegui_excel_word_gui_after_excel

結果

今回の試したのは、Excelファイル15個、Wordファイル15個の計30ファイル数です。

実行PCスペック環境、ファイル内容の一行ずつ読み取っているので一概には言えませんが、30ファイル分の処理で約1秒です。

業務では、会社名の変更、役職名の変更、名前の変更などがあれば、標準テンプレートファイルなどを1ファイルずつ開いて変更して閉じる。を繰り返し作業している人もいるのではないでしょうか。

今回のアプリケーションを活用すれば、一括で変更できて、業務効率UPです。

pyファイルをexeファイルにする

pyファイルを作成しても他のPCで実行したい場合、Python環境が無くても実行できるようにするために、exeファイルを作成できるパッケージがあります。「pyinstaller」