【上京あるある】上京して良かった点&悪かった点_一人暮らしの選択

日常

【上京あるある】上京して良かった点&悪かった点_一人暮らしの選択

 

上京した経歴、地元に戻った経歴

まずは、私の経歴を辿りますと、

  • 群馬の田舎生まれ
  • 大学入学と同時に上京(千葉の船橋市)一人暮らし生活スタート
  • 大学生活4年+大学院生活2年—-その中での出来事(バイト、引越し、趣味等)は今後記事にしたいと思います。—-
  • 新卒就職(都内勤務)+墨田区に引越し3年
  • 転職(地元)+実家暮らし2年←現在

上京して感じた良かった点

一人暮らしで自由になった

一人暮らしで、自由な時間が出来、気楽な気持ちになった。

上京したくて、独立心が強かったので、一人暮らししてからホームシックにはならなかった。

バイトを始めて、お金の大事さが分かった。

自分でなんでも選択し、決定することが出来た。

一人なので、夜中のジョギングに自由に出掛けられる

映画館のレイトショーに出掛けられる

オールして朝帰って来ても文句を言われない

上京して感じた悪かった点

それほど悪かった点は感じない

家事などは自分でするしかない←苦ではなかった。

頻繁に母親からの連絡が有り、めんどくさい。←心配しているのはわかるが、少し鬱陶しかった。

何もかも自己責任になること。

社会人になってから感じたのが、毎朝の満員電車の辛さw

あのギュウギュウ詰めの押し潰される体験してない人は、体感して欲しい。

女性や小さい子供は、ホントに危ないと思う。

まとめ

一人暮らしすることで、家事などは自分でしなければならなくなり、面倒だなと思うかもしれないですが、やってみると案外楽しくなるというか、自分一人で生活してるんだなと感じることが出来て、自立出来てるなと実感できます。

全てが責任が伴ってきますので、自己責任の大事さが分かってきます。

一度は、一人暮らしを経験しておいた方が、今後の人生でも役に立つと思います。